人事評価整備で企業成長へ

中小企業庁は、2022年版の中小企業白書を取りまとめ、人事評価制度を導入する重要性を強調しました。
企業規模21~50人の企業では現状、導入率が6割弱に留まる点などを指摘し、
人事評価制度を導入することで、従業員の能力開発につながるほか、
制度のある企業の方が、ない企業よりも売上高増加率が4ポイント高いとのデータを示しました。
環境変化に合わせた制度の見直しも求められ、頻繁に見直しを行う企業ほど売上増加率が高い傾向にあるとしています。

ニュース元:労働新聞社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。