令和4年度の最低賃金改定

7月25日に、令和4年度の最低賃金改定をめぐり中央最低賃金審議会が開催されました。
ロシアのウクライナ進行や急激な円安を背景に生活必需品が幅広く値上げされ、
最低賃金を引き上げる必要性については労使が一致しました。

しかし、引き上げ幅やその根拠については折り合いがつかず、協議は持ち越されることになりました。

ニュース元 Yahooニュース⇒https://news.yahoo.co.jp/articles/c0ebc385baeab3ae56ed84ea26f8c1ba2ac0b1b6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。