精神障害認定基準の評価項目に「カスハラ」が追加

厚生労働省は、精神障害に関する労災認定請求の認定基準に見直しに向けた検討を進めています。
このほど、心理的負荷につながる「対人関係」に関する具体的出来事として、
「カスタマーハラスメント」を追加する案を、専門検討会に提示しました。
「顧客や取引先、施設利用者等から(著しい)迷惑行為を受けた」を盛り込んだものです。

ニュース元 労働新聞社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。