賃金デジタル払い可能に

企業が賃金の一部をキャッシュレス決済口座などに振り込む「デジタル給与払い」が、来年度にも可能になる見通しとなりました。
デジタル口座口座の残高の上限は100万円で、それを超える分は従来通り銀行口座などに振り込まれます。

賃金は、現金で労働者に支払うことが労働基準法で定められていますが、例外として銀行口座などへの振込が認められています。
そこにデジタル口座を加える方針です。

ニュース元:Yahooニュース ⇒https://news.yahoo.co.jp/pickup/6438585

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。